帯状疱疹はだれでも発症する可能性がある

帯状疱疹の原因は、
「水痘・帯状疱疹ウイルス」というウイルスです。

 

子どもの頃に水ぼうそうにかかると、
治った後も、生き残ったウイルスが
体の奥深くに潜んでいます。

 

水痘・帯状疱疹ウイルスは
免疫機能がなかなか介入できない、
脊髄神経の後根という知覚神経の根っこに
30~40年もの長い間潜伏しています。

 

大人になって免疫力が低下したとき、
ウイルスが再び暴れ出して(再活性化)、
発症するのが帯状疱疹です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

新規コメントの書き込み