病の元凶である臓器など患部を摘出する手術は
有効な治療として行われています。

しかし、例えば、食道がなくなると
日常生活に大きな影響があります。

 

手術で失った臓器を取り戻したいと
誰もが思うのではないでしょうか。

 

再生医療の進化の現状について640×50fc2f05e0b0cd44a0af96c4a183baad_s
以下の情報を得ましたので共有します

 

iPS細胞の発見されたのはひと昔前(10年)。
実際の医療にiPS細胞を使うための研究が
これまでどんどん進んでいます。

 

以下は、京都大学iPS細胞研究所
(CiRA/サイラ)の戸口田淳也副所長のお話です。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

新規コメントの書き込み