細胞老化度を測る指標のひとつに「テロメアの長さ」がある。133605g

テロメアは血液中の白血球やリンパ球を調べればその長さがわかる。

一般に、赤ん坊のテロメアは長く、老人のテロメアは短い。

短いと、
がんになりやすく
脳血管疾患リスクが高まると確認されているという。
日経Gooday記事

 

では短くならないようにするにはどうしたらいいか?

テロメラーゼという酵素を活性化すればいいがそのためには、

①運動など生活習慣改善

②長時間の座りっぱなししない

などの対策があります。

 

健康に生きるためによく言われていることですね。

 

出典:日経Gooday

 

ここまではテロメアの長さを知って病を避ける話でした。

さらに、これからは、
抗がん剤開発のお話です。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

新規コメントの書き込み